アオシュウのブックストア

本紹介90%。その他日記10%

【感動ミステリー・佐方貞人シリーズ】最後の証人 著者:柚月裕子

おはようございます。

こんにちわ。

お疲れ様です。

 

アオシュウです(@aoshudesu

 

今回は柚月裕子さんの佐方貞人シリーズの一作目「最後の証人」を読み終えたのでレビュー書いていきます。

 

今月(21年10月)4作目が出る人気シリーズです。

 

ミステリーの要素も楽しみつつ、その反面、非常に感動した作品でした。

現在の人気作家の柚月裕子の伝説の始まりが垣間見れる作品です。

 

以下内容詳細です

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
目次

 

☆最後の証人

著者:柚月裕子

f:id:syugo5:20211020173948j:plain

 

最後の証人 「佐方貞人」シリーズ (角川文庫)

Amazon

 

最後の証人(1) (角川文庫) [ 柚月裕子 ]

楽天ブックス

 

最後の証人【電子書籍】[ 柚月裕子 ]

楽天Kobo電子書籍

 

 

あらすじ

検事を辞して弁護士になった佐方貞人のもとに殺人事件の弁護依頼が舞い込む。

 

ホテルの密室で男女の痴情のもつれが引き起こした刺殺事件。

 

現場の状況から被告人は有罪が濃厚とされていた。

 

それにも関わらず佐方は弁護を引き受けた。

引き受けた理由は「面白くなりそうだから」

 

佐方は法廷で若手敏腕検事・真生と対峙しながら事件の裏側に隠された真相を手繰り寄せていく。

 

そして、7年前に起こったある交通事故との関連が明らかになってくる。。。

 

レビュー

まず本作の物語構成として、公判の三日間のみを描いた、かなり短スパンな物語になっておりました。

 

ここは本書を開いて目次を見たときビックリしました。

 

大体このような作品は主人公がじっくり時間をかけて自分で調査し、最終的に隠された真実にたどり着くという感じの王道の展開を序盤で崩されたからです。

 

劇的なストーリーの展開が無い分、事件の当事者の背景などがじっくり、きめ細やかに描かれており登場人物に感情移入することができます。

 

人間の理性、気持ちに訴えかけてくる作品です。

 

本作はよくあるミステリーのように「犯人はお前だ」、「トリックはこんなんだ!」のようなビックリ展開を推しているのではなく、犯人の背景や動機の表現に力を入れています。

ですので読み終えたときに非常に感動する作品です。

 

帯などから想像できませんが、ミステリー作品をあまり読まない人にも、オススメできる作品です。

 

最後に

柚月裕子さんの作品は恥ずかしながら、あまり読んだことがないのですがジャンル問わず色々な作品を出しているんだなと調べて分かりました。

 

まだ数冊しか読んでいないミーハーの意見としては主人公問わず、登場人物を細部にこだわり、深いところまで描かれているなと感じました。

 

多くの作品が出ているので柚月裕子作品、徐々に読んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【神奈川県民にオススメしたい一冊】こちら横浜市港湾局みなと振興課です 著者:真保裕一

おはようございます。

こんにちわ。

お疲れ様です。

 

アオシュウです(@aoshudesu

 

「こちら横浜市港湾局みなと振興課です」を読み終えたのでレビューブログ書いていきます。

 

本屋でタイトルに惹かれて購入しました。

 

ふざけた名前(ディスではない)と中身のミステリーのギャップが非常に良かったです。

 

読んで字のごとく、やはり神奈川県民にはぜひ読んで頂きたい一冊です。

 

以下内容詳細です

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

目次

 

☆こちら横浜市港湾局みなと振興課です

著者:真保裕一

 

f:id:syugo5:20211015173031j:plain

 

こちら横浜市港湾局みなと振興課です (文春文庫 し 35-9)

Amazon

 

こちら横浜市港湾局みなと振興課です (文春文庫) [ 真保 裕一 ]

楽天ブックス

 

あらすじ

第一章:もう一人の舞姫

ガンボジアのエリート研修生が失踪。主人公の船津暁帆は城戸坂泰成とともに行方を捜す。

ところがすぐにケガをして入院をしているのが発見される。

これで一件落着と思いきや、、、

自体は予想していない事態に陥る。

 

第二章:夜のカメラマン

年に一度の港客船フォトコンテストが入選した写真に城戸坂泰成が疑問を感じたことから横浜市を揺るがす疑惑が生まれてくる。。。

 

第三章:港の心霊スポット

豪華客船の見学イベントの客が撮ったらしい写真に子供の幽霊が映っていた!?

船津暁帆と城戸坂泰成は事態を収拾するために動くが、、、

何かトリックはあるのか?それとも、、、

 

第四章:「永川丸の恩人」

第五章:「ふたつの夢物語」

第一章~第三章での伏線回収。まさかの些細な事から横浜市全体を巻き込むスキャンダルに発展する。。。

 

それぞれの短編集になります。

横浜愛溢れるかた、ぜひ読んでほしい一冊です。

 

レビュー

読む前はただの役所のヒューマンドラマかなと思ったら普通にワクワクするミステリーでした。

 

名前に横浜が付くだけあって、横浜を舞台となっております。

 

船津暁帆と城戸坂泰成が横浜を駆け回って事件の解決?に奮闘する姿はミステリーで犯人が徐々に分かりだす段階に似ていて良かったです。

 

そして各話で発生する些細な事件があれよ、あれよと言うまに大きなスキャンダルなどに発展する、そこの紐づけ方や読者に読みたいと思わせる展開は「この作家さんやるな~」と感心させられました。

 

横浜の歴史もふんだんに交えて物語が構成されているので意外に横浜の歴史の勉強になりました。

 

この一冊を読めば、みなとみらい~山下公園界隈に行きたくなること間違いなしです。

 

最後に

この度本冊で真保裕一さんの作品を初めて読みました。

物語の世界観が好きだなと感じました。

 

ぜひほかの作品も読んでいけたらなと思います。

 

 

 

 

 

 

【ダークヒロイン再び】ふたたび嗤う淑女 著者:中山七里

おはようございます。

こんにちわ。

お疲れ様です。

 

アオシュウです(@aoshudesu

 

bluemountain.hatenadiary.com

今回はこちらの中山七里さんの淑女シリーズの第二弾「ふたたび嗤う淑女」を読み終えたので書評を書いていきます。

 

今回も悪女満載でした。

相変わらずのダークさに興味を惹かれる事間違いなしです。

 

以下内容詳細です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

目次

 

☆ふたたび嗤う淑女

著者:中山七里

f:id:syugo5:20211007170335j:plain

 

ふたたび嗤う淑女 (実業之日本社文庫)

Amazon

 

文庫 ふたたび嗤う淑女 (実業之日本社文庫) [ 中山 七里 ]

楽天

 

ふたたび嗤う淑女【電子書籍】[ 中山七里 ]

楽天Kobo電子書籍

 

あらすじ

標的の運命を残酷に操るダークヒロイン再臨

 

巧みな話術で唆し餌食となったものの人生を狂わせる。

 

稀代の悪女・蒲生美智留が世間を震撼させた凶悪事件から3年。

 

”野々宮恭子”と名乗る美貌の投資アドバイザーが現れた。

 

国会議員の資金団体で事務局長を務める藤沢優美は彼女の指南を受け、不正運用に手を染めるが・・・

 

カネと欲にまみれた人々をほころぶ恭子の目的は?

 

レビュー

本作の見所は人間の欲を逆手にとって、よくある詐欺手法や誰でも思いつきそうな方法で、ものの見事に人を地の底に叩き落とすところです。

 

「著者は実際に騙した経験あるの?」と思わされるぐらい騙される導入~破滅までリアルに描かれており少し恐怖も感じました。

 

ターゲットを最後の最後までだまし続ける。

三者目線の読者も騙されること間違いなしです

 

しかも、絶対自分の手を汚さないというのも大きなポイントで、野々宮恭子を追う警察も四苦八苦し、尻尾が掴めない感じも読んでいて面白さを増長させました。

 

今後は警察との闘いも見所になってくるのかなと思いました

 

本書を読んで「複雑なトリックほど、実はすごく単純」というのがまさにピッタリの言葉です。

 

ぜひ今宵もこの極悪女に騙されてください。

 

最後に

最新作の「嗤う淑女二人」もぜひ読んでいきます。

表紙とかを見る限り一番インパクトがあったので楽しみです。