アオシュウのブックストア

本紹介90%。その他日記10%

【マンガ化してほしい一冊】神のダイスを見上げて 著者:知念実希人

おはようございます。

こんにちわ。

お疲れ様です。

 

アオシュウです(@aoshudesu

 

今回は私のお気に入りの作家さんの知念実希人さんの「神のダイスを見上げて」を読んだので感想を書いていきます。

 

ミステリーだけど、心揺さぶられる良い作品でした。

 

もし自分が主人公ならどうするだろうか?ということを考えて読めば物語にどっぷり浸かれること間違いなしです。

 

コロナである意味、阿鼻叫喚の現実と、隕石落下による不安などが入り混じった混沌の世界、危機の領域は違えど似ているものを感じました。

 

以下内容詳細です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

目次

 

☆神のダイスを見上げて

著者:知念実希人

 

f:id:syugo5:20210729175459j:plain

 

神のダイスを見上げて (光文社文庫)

Amazon

 

神のダイスを見上げて (光文社文庫) [ 知念実希人 ]

楽天

 

神のダイスを見上げて【電子書籍】[ 知念実希人 ]

楽天Kobo電子書籍

 

あらすじ

世界の終わりまで、あと五日。

 

2023年10月、小惑星ダイスが地球に接近。

 

人類滅亡の恐怖に世界が混乱する中、亮の姉・圭子が殺された。

 

残された五日間で復讐を決意した亮は謎の同級生・美咲の助けを得て、犯人を追うことを決意する。

 

しかし、亮や周囲の人間が狙われ謎は深まり続ける。

 

姉の死の真相と亮が終末に目にする光景は・・・・!

 

書評

小惑星が地球に激突して地球が滅びるというアルマゲドン的な展開で混沌とした日本の話。

 

主人公の亮が姉を殺され終末までの残りの時間を復讐に費やすが犯人の手のひらで転がされ中々尻尾が掴めないミステリーの話。

 

二つの要素を同時並行で楽しめることができる作品です。

 

友達として最後まで亮のそばにいるクラスメイト四元美咲、この二人のあえて引っ付きすぎない関係性も物語の良いスパイスになっていました。

 

姉の死の真相が「分かった」と思ったら覆される展開だったのでミステリーとしても非常にレベルが高いなと読んでいて感じました。

 

姉殺しの黒幕が分かったとき正直びっくりしたというより、「なるほどね」という納得感が強かったです。

 

すべてが分かった時の主人公・亮の絶望感は。。。

私が同じ立場だとすれば何とも言えない脱力感にさいなまれると思います。

 

地球がもし近日中に滅亡し死ぬとしたら貴方は何をしますか?というのを考えさせられる素晴らしい一冊でした。

 

最後に

本作を読んでいて話の展開や世界観はまったく違いますが以前読んだ「屋上のテロリスト」となんとなく雰囲気が似ているなと感じました。

 

※「同じ作家だからそれは、そうだろう」というツッコミはなしでお願いします(笑)

 

↓こちらの作品も非常に面白いので読んでみてください。

 

bluemountain.hatenadiary.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ネメシスの後半戦スタート】ネメシスⅥ 著者:青崎有吾/松澤くれは

おはようございます。

こんにちわ。

お疲れ様です。

 

アオシュウです(@aoshudesu

 

巻数を追うごとに評価爆上がり中の「ネメシス」の最新刊Ⅵを読み終えたので書評書いていきます。

 

bluemountain.hatenadiary.com

 ↑

こちらの続きになります。

 

以下詳細です

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

目次

 

 ☆ネメシスⅥ

著者:青崎有吾/松澤くれは

 

f:id:syugo5:20210726181328j:plain

 

ネメシス6 (講談社タイガ)

Amazon

 

ネメシス6 (講談社タイガ) [ 青崎 有吾 ]

楽天

 

ネメシス6【電子書籍】[ 青崎有吾 ]

楽天Kobo電子書籍

あらすじ 

失踪したアンナの父の手掛かりを探す探偵事務所ネメシスの前に垂らされた一筋の糸。

 

フェイクニュースを操った組織が、すべての黒幕か?

 

社長の栗田が単身事件を追いかける間に探偵風間は脅迫状の届いた女優を守るため、舞台俳優デビュー!?

(オリジナルストーリーの「ショーマストゴーオン!」のあらすじ)

 

新たな仲間・詐欺師の緋邑と共に挑むのはカジノでの一世一代の大博打に挑む。

(正史の「カジノ・イリーガル」のあらすじ)

 

一話目「ショーマストゴーオン!」の感想

”迷”探偵・風間が、まさかの1200人の観客の前で舞台俳優デビューし、舞台上でリアルタイムに起こる殺人事件をアドリブで対応し防ぐ&解決していく姿は必見です。

 

ミステリー演劇の中にリアルミステリー(殺人事件)を盛り込む発想が個人的に好きです。

 

犯人が誰なのかということはもちろん、リアルミステリー演劇をどのように最終的に着地させるのだろうというワクワク感も読んでいて良かったです。

 

二話目「カジノ・イリーガル」の感想

新キャラの凄腕詐欺師・緋邑の登場です。

 

敵の姿がボンヤリ登場してきたタイミングの話になり、これまでのコミカルな展開からサスペンスよりの展開になります。

 

裏カジノを舞台にした強敵のコンサル会社役員・烏丸との騙し合いは必見です。

 

アンナの一計に最後、度肝抜かれる事間違いなしです。

 

最後に

ドラマの詐欺師・緋邑の役は南野洋子さんが演じています。

 

f:id:syugo5:20210726181225j:plain

 

『ネメシス』【公式】ご声援ありがとうございました‼️ (@nemesis_ntv_) | Twitter

より引用

 

スケバン刑事の世代ではないので、若いころの活躍はあまり分かりませんが写真からも分かるように、めちゃくちゃ綺麗ですし、どんな癖の強い役も上手に演じるので普通に好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【真実が本当の恐怖】予言の島 著者:澤村伊智 ※ネタバレなし

おはようございます。

こんにちわ。

お疲れ様です。

 

アオシュウです(@aoshudesu

 

キャッチコピーの「初読はミステリー、二度目はホラー」という斬新なキャッチコピーに惹かれて購入しました。

 

確かに二度読み必須でした。

最後、体の芯にじんわり恐怖がくる一冊でした。

 

以下内容詳細です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

目次

 

 ☆予言の島

著者:澤村伊智

f:id:syugo5:20210719180113j:plain

 

予言の島 (角川ホラー文庫)

 Amazon

 

予言の島 (角川ホラー文庫) [ 澤村伊智 ]

楽天

 

予言の島【電子書籍】[ 澤村伊智 ]

楽天Kobo電子書籍

 

あらすじ

瀬戸内海の霧久井島は、かつて一世を風靡した霊能者・宇津木幽子が最後の予言を残した場所。

 

二十年後《霊魂六つが冥府へ堕つる》という。

 

天宮淳は幼馴染たちと興味本位で島を訪れるが、旅館は「ヒキタの怨霊が下りてくる」という意味不明な理由でキャンセルされていた。

 

そして翌朝、滞在客の一人が遺体で見つかる。

 

しかしこれは悲劇の序章に過ぎなかった。

 

すべての謎が解けたとき貴方は必ずページを戻して再読する。

 

レビュー

この本のジャンルを調べるとホラーミステリーのジャンルだそうです。

 

個人的にはホラー小説に分類される作品かなと思いました。

 

「わぁー怖い!」という感じの怖さではなく、後味の悪いゾクゾクっとするような怖さです。

 

20年後に6人死ぬという予言に振り回され、主人公たちが疑心暗鬼になり行動をしていく様はどのような形で結末を迎えるのだろうとドキドキしながら読みました。

 

20年後に6人死ぬという予言は本当に実現してしまうのか、島内に伝わる怨霊は本当に霊的な何かなのか、それとも人的なものなのか・・・

 

ストーリーすべてが本書のトリックです。

結末を見読み終えて、驚愕して軽く読み返すだけでも「なるほどねー」「確かに」と納得してしまうトリックでした。

 

ネタバレとかは特にしませんがヒントを与えると主人公・淳のわずかに矛盾する行動、淳の周りの人の少し違和感のある行動に冒頭から注意深く読んでください。

 

一周目で見破った探偵さんがいるのであればぜひ連絡ください。

粗品あげます(笑)

 

まあ、結局人間が一番怖いということですね

締めが雑

 

最後に

最初から中盤にかけては正直ありきたりな展開で面白くなかったです。

 

ただ衝撃のラストを読み終えると、序盤のつまらなさも最後のための前座だったのかと思うと、作者さんの手腕に感服致しました。

 

著者の澤村伊智さんはホラー系の作品が多いみたいなのでぜひとも他の作品も読んで見たいと思います。