アオシュウのブックストア

本紹介90%。その他日記10%

【ハドソン夫人&メアリー・ワトソンの冒険物語第2弾】ベイカー街の女たちと幽霊少年団~ミセス・ハドスンとメアリー・ワトソンの事件簿2 著者:ミシェル・バークビイ 訳:駒月雅子

おはようございます。

こんにちわ。

お疲れ様です。

 

アオシュウです(@aoshudesu

 

 

bluemountain.hatenadiary.com

こちらの作品の第二弾「ベイカー街の女たちと幽霊少年団~ミセス・ハドスンとメアリー・ワトソンの事件簿2」を読み終えたので書評書いていきます。

 

前作と同じくコナン・ドイル財団公認のホームズ・パスティーシュです

(要するに公式の番外編作品ということです)

 

本作でもシャーロックホームズ&ワトソンを超えてしまう?

ハドソン&メアリーの活躍に期待して読んでください!

 

以下内容詳細です

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

目次

 

☆ベイカー街の女たちと幽霊少年団~ミセス・ハドスンとメアリー・ワトソンの事件簿2

著者:ミシェル・バークビイ 駒月雅子 訳

 

f:id:syugo5:20210503145214j:plain

 

ベイカー街の女たちと幽霊少年団 ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿2 (角川文庫) [ 駒月 雅子 ]

 楽天

 

ベイカー街の女たちと幽霊少年団 ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿2 (角川文庫)

 Amazon

 

ベイカー街の女たちと幽霊少年団 ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿2【電子書籍】[ 駒月 雅子 ]

 楽天Kobo電子書籍

あらすじ

物語の舞台は1889年ロンドン。

 

イカー街221Bの家主ミセス・ハドソンが、セント・バソロミュー病院のベッドで目が覚める。

 

ミセス・ハドソンは手術後のぼんやりした意識の中、暗闇を透かして別の別途患者に覆いかぶさる人影を目にする。

 

そしてなんと、翌朝その患者は亡くなっていた。

 

病院の関係者や支援者だけが入れる小さな特別病棟には、一癖も二癖もある女性患者が集まっている。

 

みっともない服ばかり作るベティ、周りの者たちを常に監視しているエリナー、王族をはじめ著名人の秘密を握っているらしい元高級娼婦のエマ、噂好きなフロー、病人らしくないミランダ、何かに激しく怯えているサラ、夜勤中ずっと個人の業務日誌を書いている主任看護師のシスター・ベイ。

 

一方メアリーはウィギンズとビリーを通して気になる話を耳にした。

 

数年前から、街角や自宅の庭で少年たちが突然消えて行方不明になっていたという話だ。

 

夜のロンドンに出没する亡霊のごとき少年のグループの目撃談は、果たして作り話なのか事実なのか。

 

やがて、ハドソン夫人が入院している病室で第二の殺人が起きる。

 

関連性が無いと思われていた、ハドソン夫人の事件とメアリーの事件。

 

だが徐々に接点が浮かび上がってくる。。。

 

書評

※まず、大前提として前作の「ベイカー街の女たち1」を読んだほうが良いです。

あまりこの幽霊少年団だけ読むのはオススメできません。

 

物語のほうは前回の強請屋の話や登場人物を交えつつ、病室連続殺人事件、幽霊少年団二つの事件が同時並行で起こります。

 

全然関係ないような2つの事件。

 

されどそれが上手い具合にミックスされ裏に隠されている、さらなる大きな事件が見えてきます。

 

2つの事件の関連性はなんなのか?

病室殺人事件の犯人は誰なのか?

幽霊少年団は何者か?もしや本物幽霊?

 

この3つの疑問点が解き明かされたとき、点が線となり本当の真実が見えてきます。

 

最後、驚愕の真実に前作に続いて度肝を抜かされること間違いなしです。

 

次回作も期待できるような付箋も残しつつ、非常に楽しめる作品でした。

 

最後に

行きつけの職場の近くの本屋が閉店しておりましたorz

 

十中八九コロナの影響で客足の低下だと思います。

 

最近、コロナの影響で「え、閉店してるじゃん」みたいなことによく出くわし、悲しくなります。

 

適当な政策や方針を出す、政治家の皆さまへ

 

「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ」

 

某大捜査線の名言をしっかり胸に刻んで対応をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ハドソン夫人&メアリー・ワトソンの冒険物語第一弾】ベイカー街の女たち~ミセス・ハドスンとメアリー・ワトソンの事件簿1 著者:ミシェル・バークビイ 訳:駒月雅子

おはようございます。

こんにちわ。

お疲れ様です。

 

アオシュウです(@aoshudesu

 

bluemountain.hatenadiary.com

こちらの「モリアーティ」に続きコナン・ドイル財団公認の作風を模倣した作品「ベイカー街の女たち~ミセス・ハドスンとメアリー・ワトソンの事件簿1」を読み終えました。

 

本家のシャーロックホームズも好きですが、個人的には番外編のような立ち位置の「モリアーティ」「ベイカー街の女たち」のほうが好きかもしれません。

 

本家のシャーロックホームズ作品と因果関係を妄想しながら読むことをオススメします。

 

以下内容詳細です

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

目次

 

☆ベイカー街の女たち~ミセス・ハドスンとメアリー・ワトソンの事件簿1

著者:ミシェル・バークビイ

 

f:id:syugo5:20210421174524j:plain

 

ベイカー街の女たち ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿1 (角川文庫)

 Amazon

 

ベイカー街の女たち ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿1 (角川文庫) [ 駒月 雅子 ]

 楽天

 

ベイカー街の女たち ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿1【電子書籍】[ 駒月 雅子 ]

 楽天Kobo電子書籍

あらすじ

イカー街221Bを訪れたある婦人は強請に苦しむことを訴えつつも詳細を話せず、苛立つホームズに依頼を断られてしまう。

 

ミセス・ハドスンとメアリーは身に覚えのない情事を「暴露する」と脅す手紙に怯える彼女の力になろうと決意する。

 

だが、調査に乗り出した矢先、ベイカーストリートイレギュラーズの少年がケガを負わされ・・・

さらに、別の所では惨殺死体が発見された。

 

ミセス・ハドソン視点で描かれた知られざる女たちの冒険。

 

本誌見所

・あえてミセス・ハドソン&メアリーワトソンが主人公

本に限らず多くのシャーロックホームズ関連のエンタメ作品がこの世にありますが、この二人を主人公にした物語を描いているは私自身見たことがありません。

 

一家政婦と医者の嫁が周りの力を借りつつ難事件を解決していくのはこれまでのシャーロックホームズ本編&関連作品にはないテイストで本編ファンにとって新鮮でした。

 

当時のイギリスの男女間の情勢もいい感じに絡まっており、とても良きでした!

 

 

・魅力ある脇役に深く追求した結果、すばらしい化学反応が起きた。

 シャーロックホームズは頭脳明快で鮮やかに事件を解決するカリスマ性があるから面白いというのも十分に頷けますが、ワトソンを始めとする脇役がいるからこそ物語にさらなる魅力が出ていることは間違いありません。

 

本作品では主人公のミセス・ハドソン&メアリーワトソン然り、アイリーンアドラーや、ベイカーストリートイレギュラーズの少年など様々登場人物の活躍が見れます。

 

多種多様、魅力ある登場人物にスポットを当てれば、シャーロックホームズ本篇とは違う面白さがでるのは当然でした

 

・シャーロックホームズの本編をチラ絡みさせている点

登場人物や事象をチラッと絡めてきています。

マニアの人はこのような演出はすごい好きだと思ってます。

 

「あの時、じつはこんな事件が同時並行で進んでいたんだ」と是非妄想しながら読んでみてください。

 

最後に

この作品の続編「ベイカー街の女たちと幽霊少年団 ミセス・ハドスンとメアリー・ワトソンの事件簿2」も既に刊行されているので、早速購入します!

 

ちなみにキングダム61巻も購入(笑)

 

 

 

【半沢直樹ドラマファン必見・ドラマの前日譚】花咲舞が黙ってない 著者:池井戸潤

おはようございます。

こんにちわ。

お疲れ様です。

 

アオシュウです(@aoshudesu

 

今回は半沢直樹ファン必見の一冊、「花咲舞が黙ってない」を読み終えましたので書評書いていきます。

 

ドラマ信者の私でも十分に楽しめた一冊で、2020年のドラマの登場人物とのクロスオーバーも必見です。

 

以下内容詳細です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

目次

 

☆花咲舞が黙っていない

著者:池井戸潤

f:id:syugo5:20210414171411j:plain

 

花咲舞が黙ってない (中公文庫)

 Amazon

 

新装増補版 花咲舞が黙ってない (講談社文庫) [ 池井戸 潤 ]

 楽天

 

花咲舞が黙ってない【電子書籍】[ 池井戸潤 ]

 楽天Kobo電子書籍

あらすじ

東京第一銀行の花咲舞は今日も不正を許さない。

 

別府支店が見送りの判断を下した老舗温泉旅館への巨額投資。

 

返済の見込みは立たないはずだが、直後ライバル行が融資を決定した。

 

無謀な融資の裏に隠された二つの銀行の上層部が交わした約束とは(「湯けむりの攻防」)

 

正義の狂咲が組織の闇に挑む、スカッと短編集。

 

書評

話の時系列は昨年のドラマのだいぶ前の時間になり、2000年前後になります。

 

お馴染みの東京中央銀行ができる前の話で、東京第一銀行と産業中央銀行が合併するかしないかの時の時間軸の話になります。

(結果的に東京第一銀行と産業中央銀行が合併して、東京第一銀行になります)

 

花咲が所属する臨店指導グループがそれぞれの支店の些細な事から銀行内外の

スキャンダルを見つけだし、問題の解決に奮闘する姿が描かれています。

 

池井戸潤作品では外せない醍醐味のミステリーとしての魅力がある話。

 

また人間の誠実性にスポットを当てた話。

 

一冊に多種多様なスタイルの作品が詰まっており、ページを捲る手が止まりませんでした。

 

そして、なんだかんだこの短編集が最終的に一つの物語として繋がり、しっかり落としてくる所は、「池井戸さん、さすがです!」と言いたくなります。

 

そして、もう一つの魅力はなんと、あの半沢直樹も出てきます。

 

これは半沢直樹のミーハーファン必見です。

 

f:id:syugo5:20210414164800j:plain

日曜劇場『半沢直樹』|TBSテレビ

(画像引用元)

 

若がりしころの半沢直樹になり。メインの登場ではないですが、本作でもクライマックスにビシッと決めてくれます。

 

完全にドラマのクライマックスみたいな感じに脳内映像変換してました(笑)

 

そしてビックリしたのが

紀本常務がガッツリ出てきたところです。

f:id:syugo5:20210414164805j:plain

日曜劇場『半沢直樹』|TBSテレビ

(画像引用元)

 

読んでいる途中に「あの紀本常務のことかな」と思ってググってみたら、ドンピシャで紀本常務だったので笑ってしまいました。

 

ドラマのように悪い立場の人ではなかったですが、この作品を読めばドラマで最終的に倍返しされる立場になるなーと読み取れる役柄でした。

 

話の面白さだけではなく、ドラマの超前日譚にもなる話なのでドラマファンのミーハーにお勧めしたい一冊です。

 

半沢ロスの方必読です!!

 

最後に

半沢直樹や本作品の同系列の作品を見ていると、おもしろいなと思う反面、「よく仕事ごときにここまで一生懸命になれるな」とすごく性格が悪いことを思いながら読んでます。

 

多分世の中のサラリーマンは自分含め、「このように生きていきたいな」と思っているからあそこまで人気な作品になるのかなと思ったりしています。